>

スマホを使った歌の練習法

お手軽!歌唱力UPスマホツール

知識がなくても大丈夫!正しい音程で歌おう

楽譜をスマホに

合唱などの音取りでよく使われるツールとしてMIDIというデータがあります。
これは、パソコンで音符を入力することで、任意の楽器で演奏させたデータで、これに沿って歌っていくと音取りが完了するという仕組みです。
しかし、いかんせんデーターがパソコンに保存されるというのが悩みの種でした。

「MIDI楽譜」というアプリがそれを解決します!
使い方はアプリをダウンロードしてiphoneにMIDIファイルを入れるだけ!
それなら、MIDIを携帯に入れるだけでよいのではと思ったそこのあなた!
このアプリはそれぞれのパートの音を認識して選択したパートのみを演奏することが出来るんです。
これで他パートにつられるなんてことがなくなりますね!

簡単!撮影のみで音が流れる

まったく音が分からない!
「ド」って五線譜のどこ?
鍵盤のどこ?

そんなあなたも大丈夫!
楽器メーカーKAWAIからリリースされている「楽譜カメラ」で音取りしましょう。
音を取りたい楽譜と、このアプリがあれば、カメラが音符を読み取って、iphone上に譜面を表示します。
そこを指でなぞるとそのスピードで楽譜通りの音が流れます。

制度は高いですが、スキャンミスもあります。
そんなときも簡単な操作ですぐ修正可能なので間違った音で覚えてしまうことはなく、安心ですね。

こちらのアプリは360円と有料ですが、このアプリ一つで何曲も手軽に音取りができるので、ゼロからピアノを初見で間違えず、テンポ通りに弾けるようにするというその練習量を考えるとお得だと思います。


このコラムをシェアする